「女たちのジハード」と「絶品パスタ」

5年ほど前のこと。。。

まだ世の中の人にあまり知られていない、ある食材を広めようと、
仕事で、日本中の有名レストランや、百貨店、高級スーパーを、
飛び回っていた時代がありました。

まるで、私が大好きだった篠田節子さんの小説、
「女たちのジハード」を地で行っているような毎日でした。
f0219773_1352730.jpg


「女たちのジハード」は、中堅所の生保会社にお勤めの、
5人のフツーのOLさんたちのお話しですが、
後に、NHKでもドラマ化され、私たちOLたちにとって、
読めば元気が出る、バイブルみたいな小説でした。

小説の中で、5人の中の1人である婚期を逃したお局さまは、
脱サラをして田舎でトマト農家を始めた青年と知り合って、
地元農家のお嫁さんたちと、トマトピューレのブランドを
作ってしまうのでした。


直接ホテルやペンションに売り込みに奔放する
彼女の姿を自分に重ね、
私も大いにはりきって、営業活動をしておりました。

そんな頃、この小説をそのまま実現させたみたいな、
トマトケチャップに出会いました。

岐阜県明宝村の農家のお嫁さんたちが作った「明宝トマトケチャップ」です。
f0219773_1434121.jpg
f0219773_1435512.jpg


桃太郎トマト100%のジューシーなケチャップ。
このケチャップと、私の扱っている食材を使って作るパスタは、
お友達になった有名シェフたちをもうならせた、
とんでもなく美味しい、「絶品パスタ」なのでした。

昨日、大掃除をしていたら、
「女たちのジハード」が出てきました。
また、あのケチャップを取り寄せてみたくなりました。
最近は、大手百貨店系列のスーパーでも取り扱うようになったと
聞きましたが、今も変わらぬ味でいてくれたら、うれしいです。

ねぇ、フェンディ、
あのパスタ、もう一度作ってみたいわね。

あれれ?
f0219773_18574296.jpg


今夜は、少々ご機嫌ナナメ。
昨日の余韻かしら?
水遊びの跡、フローリングがびしょびしょです。
今夜は、足跡だけで失礼しまぁす。
[PR]

by fendys-mam | 2010-11-02 00:00 | グルメ | Trackback

トラックバックURL : http://rumscheers.exblog.jp/tb/14901088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。