映画「愛と誠」を分析してみました。

先日見てきた「愛と誠」は、
やはりかつてのヒデキファンとしましては、
ちょっと語りたいところ。016.gif

と言うわけで、チョットだけ分析説明を。。。
f0219773_1312418.jpg

「愛と誠」は、
梶原一騎原作
ながやす巧作画の
劇画です。

そして、
過去3度も
映画化されています。061.gif


★『愛と誠』2012年6月公開、角川・東映版

主題歌 - 一青窈「愛と誠のファンタジア」
エンディングテーマ - かりゆし58「笑っててくれよ」
(映画なのにミュージカルじたて)

◎ウリの挿入歌はこんな感じでした。
妻夫木「激しい恋」
武井「あの素晴らしい愛をもう一度」
斉藤「空に太陽がある限り」
安藤ガムコ「また逢う日まで」
伊原「狼少年ケン」
余「酒と泪と男と女」

◎キャスト
太賀誠 (主人公の誠クンのことね)
 妻夫木聡 / 幼少期 - 加藤清史郎
早乙女愛 (誠クンを愛しちゃってるお嬢様)
  武井咲
岩清水弘 (愛チャンのためなら何でもしちゃうメガネ男子)
  斎藤工
高原由紀 (不良高校の裏番)
  大野いと(セリフ棒読みのさえない女の子)
ガムコ (不良高校のスケバン、誠クンにフォーリンラブ)
  安藤サクラ(奥田瑛二&安藤和津の娘さん、柄本明&角替和枝ちのお嫁さん)
座王権太 (由紀ハンの奴隷。「オジサンにしか見えない病」を病んでいる17歳)
  伊原剛志(48歳が高校生って・・・どーなの?)
愛の母と父/一青窈・市村正親
  (やはり、このお2人の歌と踊りが一番うまかったな。。。)
誠の母/余貴美子

さてさて、ここでキャストを比較してみましょうね。
★『愛と誠』1974年7月公開、松竹映画版
f0219773_13182130.jpg

大賀誠 - 西城秀樹
早乙女愛 - 早乙女愛
岩清水弘 - 仲雅美


★『続・愛と誠』1975年3月公開、松竹映画
f0219773_13184599.jpg

太賀誠 - 南条弘二
早乙女愛 - 早乙女愛
座王権太 - 千田孝之
高原由紀 - 多岐川裕美


★『愛と誠・完結篇』1976年9月公開、松竹映画
f0219773_13141566.jpg

太賀誠 - 加納竜
早乙女愛 - 早乙女愛


★テレビドラマでもやっていたことがあります。
『純愛山河 愛と誠『』1974年10月4日 - 1975年3月28日、テレビ東京全26話。
大賀誠 - 夏夕介
早乙女愛 - 池上季実子(愛チャン役が早乙女愛でなかったのは、これ1本のみ)
岩清水弘 - 中島久之

誠役を比べると、
その時代のイケメンの歴史を見ることができますねぇ。
南条さん以外みんな好きだったかも♪

ご参考になりましたでしょうか?

最後に、亡くなられた夏夕介さんと早乙女愛さんの
ご冥福を心よりお祈りいたします。040.gif
[PR]

by fendys-mam | 2012-06-22 14:34 | ドラマ・映画・TV番組 | Trackback

トラックバックURL : http://rumscheers.exblog.jp/tb/17683176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。