ゆるゆる生活に慣れちゃって。。。

このところ、サイズ選びについて、
2度ほど看護師さんに注意を受けました。

1つめはマスク。
普通サイズのマスクをしていたら、
「スカスカで大きすぎ!
マスクの役目を果たしていない」
と、子供用かSサイズを買うように
言われました。

もう1つは「弾性ストッキング」。
最初に入院したとき、
「男性ストッキングを履いてください」
と言われて、
「社会の窓を後ろ側にして履いて、
また大腸検査でもするのかしら。。。」
などと、勝手な想像をして
ドキドキしていたら、
「弾性」の間違いで、
エコノミークラス症候群防止のために、
キュッと締まったハイソックスを履く
という事でした。
f0219773_20512050.jpg


普通サイズのMを選ぶと、
メジャーでふくらはぎの太さを測られ、
「ほっそい足ねぇ。これじゃぁ、
普通のハイソックスと変わらない」
と言われ、ピッチピチのSサイズを
あてがわれました。

そりゃー若いころは、
ボディコンスーツなんて来て、
いたるところをキュッキュッと引き締めまくり、
「しもしもー」って
ソバージュのロン毛をかきあげていた時代も
あったけど、
ゆったりのびのーびLサイズ大好きな
おばちゃんと化してしまった今、
「Sサイズ」と聞いただけで、
息苦しさを感じてしまう。

入院生活でも、
どんどんおばちゃん化していた自分に気づかされるのでした。
ふぅ。。。
[PR]

by fendys-mam | 2017-02-15 21:10 | 闘病記らしきもん | Trackback

トラックバックURL : http://rumscheers.exblog.jp/tb/27561883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。