カテゴリ:落語( 9 )

ちゃんとしよーよ!!

今日はちょっとグチです。
お許しを。。。007.gif

本日、恒例の小朝独演会チケット発売日でした。
毎年、お友達と最前列ど真ん中で楽しむために、
早朝から並びました。

当然1番乗りで、チケット購入権をゲットし、
発売開始時間とともにカウンターにてチケット購入。。。
のはずでした。015.gif

なのに、なんだかねぇ。。。
新しい発券機を導入したそうで、
カウンタースタッフが間違えてばかり。
発券されるチケット、発券されるチケットことごとく間違ってばかり。

なーにやってんだか。
私ひとりのための発券に15分もかかってしまいました。
怒りたいのは私のはずなのに、
なぜか後ろのおじーちゃんおばーちゃんたちの視線がやけに痛い。042.gif

どうやら、私の後ろに並んでいた約40人のお年寄りたちは、
「1番前の女がひとりで何十枚も買い占めている」
「俺たちの買う席がなくなっている」と
わけのわからないデマが飛び交い、殺気立っていたのでした。

「ひとりで買い占めてんじゃねーぞ」
「後ろに並び直せ、このやろう」
「こちとら朝からならんでんだぞ」

じぇじぇっ!(前々回の朝ドラのなまり)
私、何十枚も買っていませんから。。。
そして、こちとらも皆様と一緒に早い時間から並んでだじゃない。

間違ってばかりのスタッフは焦るばかりで、
イライラしているお客様に対してフォローも説明もなし。

お隣りのカウンターで、ようやく発券してもらったジジババたちが、
いちいち私の顔を見て「オレは2枚しか買ってないからはえーんだ」
「あたしゃ何十枚も買い占めるなんてことしないから」
「1枚きりしかかわねーんだよ」
と、ことごとく嫌味を投げてくる始末。

えーん。
さっきまで仲良く並んだ仲じゃないかぁぁぁ。
こわかったよぉぉぉぉぉぉぉぉ。
じじばばパワー。
f0219773_16114850.jpg



あげくに、しばらくしてからチケットカウンターから電話。
「先ほどはすみませんでした」の電話かと思いきや
あろうことか「間違えてWブッキングしたから席譲ってくれ」だって。

てっ!? (今の朝ドラのなまり) なんだそりゃー。
さすがに温和な(?)私も激怒しましたわ。033.gif
そしてきっぱりお断り致しました。

もっとちゃんとしよーよ! お役所の人たち!!
[PR]

by fendys-mam | 2014-04-16 16:20 | 落語 | Trackback

今年も小朝

昨夜は恒例の小朝師匠独演会に行ってきました。

毎度のことながら、古典に新作をアレンジした、
キレのいい落語でした。
f0219773_2018326.jpg



最初は私の身内と、落研仲間だけで見ていたこの独演会も、
今年で4回目。

最近は落研仲間が同僚を誘って、
異業種の方々ともご一緒させて頂いています。
頑張って並んで確保した最前列のど真ん中。
落語になじみのない方にも、かなり喜んで頂けます。

独演会の後は、会場のすぐ近くにある、
きったなぁ~い中華料理店で、
古典落語の話に花を咲かせます。
f0219773_20304617.jpg



古くて汚いけど、味はなかなか。
しかもとってもリーズナブル。
さんざん飲んで食べておひとりさま3000円でおつりがきちゃう♪

本当は落語の後は日本蕎麦がいいのでしょうけど、
中華料理を食べながら日本の古典芸能について語り合うのも
また楽しみになってきました。

日中国交ってことで、OK?
[PR]

by fendys-mam | 2013-08-03 20:38 | 落語 | Trackback

落語っていい♥

今宵も日本の伝統文化にふれた夜。
最前列正面かぶりつきで、たっぷり落語を楽しませて頂きました。016.gif
f0219773_085274.jpg


こんな夜こそ、お鮨かお蕎麦で日本酒といきたいところ。
でも、この後仲間たちと行ったお店はなぜか中華・・・。068.gif
ダメぢゃん。054.gif
[PR]

by fendys-mam | 2012-08-03 00:11 | 落語 | Trackback

今年も小朝独演会に行きます。

今日は、春風亭小朝師匠の独演会チケット先行発売日でした。016.gif
f0219773_1014655.jpg


毎年この日は、お年寄りに混ざって朝もハヨから並びます。

でも、いつも元気な地元のお年寄りに遅れをとって、
なかなか希望通りの席がとれません。007.gif

今朝は、とっても早起きして冬逆戻りの寒空で並ぶこと2時間チョット。

お尻が冷えるからって、
ダンボールの座布団をくれたおじぃちゃん、
色々お話聞かせてくれたおばぁちゃん、
ありがとうございました!040.gif

おかげさまで、今年は一番前の正面席7枚ゲットできました♪ 024.gif

フェンディ、今頃ぬくぬくとあったかいお布団でひなたぼっこ中かな。
とにかく寒かったぁ~。
f0219773_1052317.jpg


[PR]

by fendys-mam | 2012-04-20 10:10 | 落語 | Trackback

今年も小朝in調布グリーンホール

昨年に引き続き
今年も春風亭小朝師匠の独演会~夏の夜話~に行って来ました。
f0219773_13182968.jpg
今年はいいお席で拝見させて頂きたいと思い、
年会費を払って、調布グリーンホールの会員になり、
一般のかたより早くチケットを入手することを試みました。

朝はまだうすら寒い4月の事、
がんばって早起きして会場に到着したのに、
既に私の前には60人のお年寄り。

恐るべし!調布のじじばば。。。
もとい!028.gif
お元気で何よりな調布のおじいさま、おばあさま。

結局、去年よりほんの少し前の、真ん中あたりがとれて、
ま!いっか。。。
私も9人の人から頼まれて、一括買いしたしね。

さてさて、今年のお題目は。。。
f0219773_1324743.jpg
古典落語なんですが、
小朝師匠の落語はもう、落語の域を超えて、
ほとんどお芝居って感じで、
客席は引き込まれっぱなしの、
どっかんどっかん湧きっぱなし。
003.gif041.gif


番町皿屋敷のお菊さんの踊りも
パパイヤ鈴木さんの振り付けとか。。。
魅せてくれるねぇ。

今回のお題目はすべて学生時代から知っているお噺でしたが、
小朝師匠が話すと全然違うお噺のようで、とっても新鮮でした。

同じお噺を何度も聞くのが古典落語。
そして、演じる人によって、
全然違って聞こえるのが落語の醍醐味です。

来年こそは、もっと早起きして、
お年寄りに負けずに、良いお席で拝見したいものです。066.gif
f0219773_22134897.jpg

フェンディ、
ちゃんと起こしてね。059.gif
[PR]

by fendys-mam | 2011-08-06 00:00 | 落語 | Trackback

落語は芸術!!

桂歌丸師匠の高座60周年記念落語会に行って来ました。

クライアントさまのオフィスのすぐ近く、
調布グリーンホールで行われました。

歌丸師匠の落語は、お正月の末廣亭でも拝聴致しましたが、
独演会は始めてです。
f0219773_11462638.jpg



ゲストは林家たい平さん。


たい平さんもなかなか芸達者で上手でしたよ。
隣の席の父は、途中ちょっとだけ、いびきをかいていましたが、
たい平さんの形態模写「打ち上げ花火」で目を覚ましたようでした。


昨年同じグリーンホールで行われた、
春風亭小朝師匠の独演会も、古典も新作も
引き込まれて聞いてしまうほど良かったけど、
高座60周年の歌丸師匠のお噺は、さすがでした。
f0219773_23114274.jpg
間といい、めりはりのある声といい、表情といい、お能や歌舞伎同様に、日本の伝統芸、「芸術」という言葉がピッタリでした。
初めて聞いた人情噺「ねずみ」も、引き込まれて聞いてしまいました。


TOKIOファンには、落語ファンが結構います。
お正月の「笑点」では、メンバー全員が大喜利に挑戦していましたし、
f0219773_11445075.jpg
映画「しゃべれどもしゃべれども」では、
太一クンが落語家を演じています。
f0219773_1145252.jpg
そしてドラマ「タイガー&ドラゴン」では長瀬クンが数々の古典落語を、
新作風にアレンジして話題になりました。


ねー、フェンディ♥
今、一番人気の嵐たちも、
伝統芸である「落語」に挑戦してくれるといいわね。
f0219773_2313712.jpg
[PR]

by fendys-mam | 2011-06-30 00:00 | 落語 | Trackback

新宿末廣亭に行ってきましたぁ♪

今年も新宿末廣亭の正月初席に連れて行ってもらいました。
f0219773_141340.jpg


生落語を観るのは、昨年の小朝ちゃん以来です。

お正月初席は、1月1日~10日までで、
「笑点」などでもおなじみの落語家さんたちも大勢出演されます。
朝から夜までの三部構成で、5日までは入替え制ですが、
6日以降は入替えなしなので、朝から晩までどれだけいても、
大人3000円です。
日本の文化を1日楽しんでこのお値段。
安くて贅沢な娯楽です。
f0219773_1413211.jpg


私は夕方まで仕事があったので、
なんとか二部最後の歌丸師匠の落語に滑り込み、
三部からは、かぶりつきの一番前ど真ん中のお席で、
しっかり拝見できました。

チョットイケメンのふたつ目、
鯉斗さんのまだ板についていない小噺しを、
(嵐のネタでした♥)
母のような温かい目でハラハラしながら聞き、
去年ドタキャンした鶴光師匠を今年は拝め、
最後の遊三師匠まで楽しませて頂きました。

さすがに歌丸さんや鶴光師匠はうまいんですよねぇ。
話しの間と言い、テンポと言い、声の強弱も、
ホント、うまい。
古典落語って、同じ話しを何度も聞くことになるんだけど、
話す人によって、全然違って聞こえるから不思議です。

1人の人が左右を向いて(落語の世界では「かみ・しもをきる」と言います。」)
いく人もの登場人物を演じ、
扇子(「かぜ」と言います。)と手ぬぐい(「まんだら」と言います。)で、
色々な物を表現します。

小朝師匠の新作も感動物だけど、
やっぱりお正月は古典に限ります。

ここ数年、TOKIOのメンバーがお正月やドラマ・映画で
落語に挑戦していますが、
あれ以来、メンバーたちはトークがうまくなったと思います。
f0219773_1192726.jpg


コンサートの時のMCにも、ちゃんと活かしているもんね。

さて、寄席を見た後は「末廣通り」が楽しいです。
大衆もつ焼き立ち飲みアリ、お鮨屋さんあり、
こじゃれたワインバーやレトロな洋食屋さんもあり、
かなり楽しめます。
f0219773_1493591.jpg


この日は、レトロな洋食屋さんで、
ハイボールで、本日の反省会。

日本人に生まれてよかったと思う私です。

寄席に行った後は、フェンディにも落語を聞かせます。
そんな時は椅子に座って、お利口に聞き入ってくれるフェンディです。
f0219773_151541.jpg


以前もご紹介させて頂いた落語の話しの時も、
確かフェンディは、この椅子に座って聞いていました。

[PR]

by fendys-mam | 2011-01-10 02:06 | 落語 | Trackback

小朝in調布グリーンホール

クライアントさまの事務所がある調布駅前には、
「調布グリーンホール」という多目的施設があります。

大昔は、グリーンホールと言えば、
坂上二郎や堺正明さん、研ナオコさん、野口五郎さん司会の
カックラキン大放送」の収録が毎回行われる場所で、
当時のアイドルたちがいつもゲスト出演していました。

この番組の収録日が、伝説の音楽番組「ザ・ベストテン」の放送日と重なり、
「ベストテン」は生放送でしたから、「カックラキン」に出演しているアイドルたちは、このグリーンホールからの中継で歌っていたものでした。

五郎さん郷ひろみさん、百恵ちゃんやピンクレディ、モチロン秀樹さまも♥
駅のホームから中継の様子が見えたりしていたものです。


さて、本日、そのグリーンホールで、
f0219773_1251161.jpg
~夏の夜話~と称して、
春風亭小朝さんの独演会が行われました。



本日の演目は。。。
f0219773_23451650.jpg

偶然ですが、5/14にご紹介した「ネコの皿」もお題目に入っていました。
       ↓
  「5/14の記事」

まいりました。
さすがです。小朝師匠。
新作も古典も、ずっと引き込まれっぱなし。

新作の「池田屋」は、新撰組のお話し。
落語というより講談で、
その迫力と笑いのメリハリが素晴らしかったし、

最後の「涙をこらえて・・・」は、
カラオケ替え歌つきの、爆笑しっぱなしの新作落語でした。


うまいわぁ~。
2時間たっぷり楽しませていただけて3,500円は、安すぎです。

来年も絶対見に行きます!!!
f0219773_01325.jpg
フェンディにも聞かせたかったわぁ。
面白かったよぉ。なんならママが再現してあげよっか?
[PR]

by fendys-mam | 2010-08-06 00:11 | 落語 | Trackback

猫の皿

フェンディ愛用のお皿です。006.gif
f0219773_1993615.jpg


フェンディは、このお皿でにゃんこ専用オカカを食べるのが大好きです。

f0219773_2312331.jpg
色々な種類があって、けっこう美味しそうなオカカたちです。





そういえば、古典落語に「猫の皿」というお話があります。
(別名「猫の茶碗」ともいいます。)

(私、ドラマも好きですが落語も大好きです。)

「猫の皿」は、地方に出かけてお宝を見つけては、
言葉巧みに騙して安値で買い叩き、
店では大変な高値で販売するという、
ずる賢い商人のお話です。

<猫の皿>
この商人、あるとき地方の茶店でとんでもないお宝を発見します。
茶店で飼われている猫の餌用の皿が、何と柿右衛門の逸品だったのです。

これなら高値で売れると踏んだ商人は、
その皿の価値などは知るはずもなかろうと、
茶店の亭主を言いくるめて、これを買い叩こうと企みます。

「この猫がたいそう気に入った。
 是非わたしに引き取らせてはくれないか。」と、猫を二両で買い取り、
「皿が違うと餌も食いにくかろう」と猫の皿も一緒に持ち去ろうとします。

すると亭主は商人を遮り、猫だけを渡して皿は取り返し、
「これは初代柿右衛門の名品でございますから。」と。

驚いた商人が
「それを知っているのなら、何でその名品で猫に餌をやっていたのだ。」と訊くと。。。

亭主はにんまりと笑って一言。
「こうしておりますと、時々猫が二両で売れます」。




フェンディのお皿は、私のお皿より高価な物だけど、
どなたにもフェンディを譲る気はさらさらございません。

f0219773_19205550.jpg

おあとがよろしいようで。。。040.gif
[PR]

by fendys-mam | 2010-05-14 00:04 | 落語 | Trackback