カテゴリ:闘病記らしきもん( 39 )

ゆるゆると、ずるずると。。。

お陰様で、順調に回復しています。
f0219773_22550823.jpg

「まだ早すぎる!」と、
お叱りをうけながらも、
働いているほうが落ち着く貧乏性。

まだ満員電車は無理だけど、
各駅停車で行ける事務所のみ
この週明けから再開しています。
f0219773_22594581.jpg

やはり、事務所のデスクに座ると、
いつもの生活に戻ったようで、
ホッとします。

ただ、いつもとちょっとだけ
違うことがひとつ。

パンツスタイルだと、
金具が傷に触れて痛むので、
腹帯で保護してから、
ゴムのロングスカートに
ゆる~いレギンス(要は「ももひき」)
を合わせて通勤しています。

ゴムのスカートなんて、
今までの私には、
絶対にあり得なかったけど、
何やら今年はゴムのロングスカート、
流行りみたいです。

いいときに手術しました♪

ピタピタのミニスカートが
流行りだったら、
大変なことになっていたわ。
(傷がなくても着れないけど!)

1度味をしめてしまうと、
ずるずると惰性の道へまっしぐらな
性格だから。。。
傷の痛みがなくなっても、
きっとこのまま、
ゴムのロングスカート
愛用しちゃうんでしょうね。

あ~あ、またしても、
おばちゃん街道まっしぐら!
寸胴要注意!!
くれぐれも、ウエストの存在だけは、
なくさないよう、
気をつけたいと思います。
[PR]

by fendys-mam | 2017-03-07 22:55 | 闘病記らしきもん | Trackback

相部屋ですから。。。

合計3度の入院は、全て4人部屋でした。

各部屋の入り口にはトイレや洗面所はあるし、
ひとりひとりのスペースも広々としており、
カーテンを閉めてしまえば、個室同然。

同室内の会話も挨拶もなく、
入院患者同志のコミュニケーションの場は、
ラウンジのみになっていました。

部屋の入口の表札(?)すら
出したがらない患者さんもあり、
「そういうご時世なんだなぁ」と、
少し寂しく思っていました。
f0219773_04342042.jpg

昨日までは。。。ね。

昨日入院されたご婦人は、
たぶん90歳代。
お耳は遠いけど、
つい最近まで名古屋でお独り暮し
畑仕事もされていたそうです。

なかなか豪快なおばあちゃまで、
大きな音で、ゲップはするし、
盛大におならをぶちかまします。
あっという間に寝落ちして、
今度は高いびきzzzzz...

そのお隣は、前日大腸手術して
昨日部屋に戻られた60代のおばちゃま。
かなり痛いらしく、うんうんうなっています。

色々な音で、なかなか眠れないでいると、
大きないびきや寝息がピタリと消えた。
え~っ?
大丈夫かぁ?
。。。。。
とってもとっても心配になり、
ナースコールしてみたりして。

大丈夫そうで安心して、
ようやくこちらもうとうとすると、
どちらからか吐く音が。。。
またまたナースコール。

こりゃ、私寝られないな。
ま、いいや。
こちらは元気なんだから。
あと1日、ご奉公いたしましょ。

[PR]

by fendys-mam | 2017-03-01 02:35 | 闘病記らしきもん | Trackback

退院決まりました!

お陰さまで、
すこぶる快調!
明後日3/2(木)に退院が決まりました。

初めてのシャワーを浴び、
縦割りされちゃったおへそと
おへそを中心に4つ開けられた穴に
ご対面しました。

れれ?

お腹の形がイビツ!
きっと、切られて短くなった腸が、
定位置を探しているんでしょうね。

イケてるおへそはイケてなくなったけど、
ドクター、器用に縫ってくれたみたい。
思った程不細工ではなかったわ。

4つの穴も小さいので、
いずれ目立たなくなりそうです。
ドクター、誉めてあげよう。

親友からニャンコの塗り絵が届きました。
やってみたかったの。
「大人の塗り絵」!
はまりそう!!
f0219773_18425375.jpg



[PR]

by fendys-mam | 2017-02-28 18:44 | 闘病記らしきもん | Trackback

自由の身

先程、全ての管から解放されました。

ばんざーい!

術後1日目
あまりに違和感が強く、
ちょっと早いけど、
尿管を外してもらいました、

術後3日目
背中に刺さった痛み止めのカテーテルが
外れました。
痛いのかと思ったら、
あっという間にスルッと外れて、
「えっ?もう?」って感じ。
カテーテルからの解放は
嬉しいけど、痛み止めが身近にいなく
なるのが、ちと不安でした。
が、この翌日から、ビックリするほど
痛みが減って、のみ薬の痛み止めで十分でした。

術後4日目
点滴終了。
五分がゆが始まり、
自力で栄養とれよってことに。
ガリガリになっちゃったから、
不味くても、ぬるくても、
残さずちゃんと食べなきゃ!

術後5日目
お腹からの管で
いらない水を排出していたドレーン抜き。
1日100cc 以上出るこの気色悪い水は、
このあと、どうなるのか心配だったので、
ドクターに聞いたら、
普通の人も1日200cc位作られていて、
自然に吸収されたり、尿になったり
するらしい。
で、あっさりにょろっと抜いて、
ガーゼと絆創膏で押さえておしまい!

やったぁ!

晴れて自由の身だぁ!
明日からはシャワーもオッケーらしい。

ぶら下げものなしで、歩けるのって、
すごーくうれしい。

布団の中で、
小さく万歳三唱などしてみたりして。

皆様、お陰さまで超順調です。

お昼はいきなりカレーライス!
f0219773_14293779.jpg

本当にいいのか?
って思いながら、甘くてマイルドな
カレー、完食いたしました。

ごっつぁんです。

[PR]

by fendys-mam | 2017-02-27 08:55 | 闘病記らしきもん | Trackback

太らねば!

お陰さまで、順調に回復し、
今日から五分がゆを頂いております。
f0219773_21515561.jpg

年明けから、腸閉塞→ステント挿入処置→
数々の検査→腹腔鏡手術で
何度も何度もお腹を空っぽにしたから、
体重激減!!

人間って思わぬところから痩せます。
手!が、がりがり!

昔、学校の理科室の教壇で、
いつも肩身の狭そうな顔して
先生の隣に立っていた
ガイコツさんのお手てみたい。

白魚の様な手(自分で言うなって?)が、
三枚におろされた白魚の骨になってる!
ネイルしたら不気味だろうなぁ。

そうだ!
指輪もきっとぶかぶかだぁ(T0T)

手を太らせるには、
どうしたらいいんだろ???

[PR]

by fendys-mam | 2017-02-26 21:47 | 闘病記らしきもん | Trackback

無事に手術終わりました。

2/22ニャンコの日、
お陰さまで無事に手術が終わり、
術後2日目の今日は、動きもスムーズで、
順調に回復しています。

お見舞いのお品も頂き、
賑やかなお部屋になりました。
f0219773_17012702.jpg

さて、手術にあたり、痛いのって、
本当に怖いじゃないですかぁ。

なのに、麻酔科のドクターは、
「今日一番痛いのは、背中に入れる麻酔です」
と、脅かすし、
腹腔鏡手術経験者の緒先輩たちは、
「翌日が一番痛い」と言うし、
かなりびびっておりました。

で、結局何が一番痛かったかって?
それは、お尻!

この病院、いたれりつくせりの
ハイテク病院なんですが、
トイレットペーパーだけが、
メチャメチャ粗悪品!
新聞紙だって、ここまでひどくなかろうに
って位、ごわごわ!の紙。
今時の公衆トイレの方がまだましって位。

手術前夜からの下剤がよく効いて、
10数回とトイレ通いした私の
かわいいお尻は、
トイレットペーパーに負けてしまい、
ものすごく痛いことに。。。

術後、ナースコールして泣きついたのは、
お腹の痛み止めでも、
傷の痛み止めでもなく、
お尻用の軟膏でした。

他の皆様は大丈夫なのか?
トイレットペーパーの改善求む!
(T0T)
[PR]

by fendys-mam | 2017-02-24 17:00 | 闘病記らしきもん | Trackback

富士山パワー頂きました。

ベッドから大きな富士山が見えます。
f0219773_15511060.jpg

肉眼だともっともっと大きく見えます。

それだけで、すごいラッキーな気分♪

昨日1日だけ同室だった方、
私がインフルで手術を延期したために、
手術が早まり、私が予定していた日に
同じ内容の手術をした方でした。

本日とても元気に退院されました!

術後のお話もしてくださり、
単細胞な頭の私、
すっかり安心出来、
これから飲まされる大量の下剤とも
仲良くなれそうな感じです。

そうそう、先程、
おへそのお掃除にきてくれたナースから、
おへそのお手入れが行き届いているって、
お褒めの言葉を頂きましたよ。
そりゃーね♪
イケてるおへそですもん!

執刀医の皆様、私のイケてるおへそ、
出来るだけ、スッパリ綺麗に切って、
上手に縫って下さいね~。

明日が無事に終わりますよーに。。。
[PR]

by fendys-mam | 2017-02-21 16:00 | 闘病記らしきもん | Trackback

今度こそ!

3度目の正直です!!
無事にチェックインを済ませ、
明後日の手術に備えます。

それにしても、
痛くも痒くもない現在、
ベッドにいろと言われても、
なかなかいられるもんじゃないなぁ。

手術を控えているとは言え、
なんだかずる休みをしているような、
罪悪感さえ感じ、
「何かお手伝いしましょうか」
「お部屋のお掃除でもいたしましょうか」
なんて思ってしまう。
やっぱり仕事、持ってくるんだったなぁ。

暇でボーッとすることなんて、
めったにないわけで、
本当に困った貧乏性だわ。

今度こそ、ちゃんと手術して、
元気になって自宅に帰らなきゃ。

フェンディが待ってるんだもん。
f0219773_18495876.jpg


[PR]

by fendys-mam | 2017-02-20 18:45 | 闘病記らしきもん | Trackback

イケてるおへそ

ようやくインフルの残骸も消え、
今度こそ手術に臨みます!
腹腔鏡手術なので、開腹はしませんが、
おへそが上下合わせて5㎝程
真っ二つに切られるそうです。

よーく考えてみると、
乳がん切除の患者さんに対して、
「おっぱい温存」とかって聞くけど、
「おへそ温存」って言わないなぁ。

おへそったら、案外冷遇されていたのね。

今更だけど、
私、結構自分のおへその形好きでした。

「ビキニがお似合いですね」と
声をかけてやりたくなる程、
形のいいおへそだったと思う。
お腹のたるみ具合や、
腰のくびれ具合に問題があったり、
おばちゃんの「へそ出し」は
いかがなものかという、
社会的な問題もあるので、
やむなく「へそ出しスタイル」は
していないものの、
皆様にお見せしたいくらい
いいおへそだと自負している。

だから、
わりと丁寧にボディーオイルなんぞ使って、
おへそのお掃除も普通にしていた。

前回の入院前日、入浴しながら、
「このおへそともお別れか。。。」などと、
しみじみ涙なんぞ流したものでした。

そんなことを思ったからかどうか
わかららないけど、
インフルにかかってしまい、
手術が伸びて強制退院されられ、
またまたお風呂で
「いいおへそ」と対面することに
なってしまった。

だから、今回は、あまり深く考えず、
未練を残さないように、
さらっとお別れをしなきゃだわ。

いつものように、
いい香りのボディーオイルで
丁寧にお掃除してあげながらね。
f0219773_12184725.jpg
[PR]

by fendys-mam | 2017-02-18 12:25 | 闘病記らしきもん | Trackback

ゆるゆる生活に慣れちゃって。。。

このところ、サイズ選びについて、
2度ほど看護師さんに注意を受けました。

1つめはマスク。
普通サイズのマスクをしていたら、
「スカスカで大きすぎ!
マスクの役目を果たしていない」
と、子供用かSサイズを買うように
言われました。

もう1つは「弾性ストッキング」。
最初に入院したとき、
「男性ストッキングを履いてください」
と言われて、
「社会の窓を後ろ側にして履いて、
また大腸検査でもするのかしら。。。」
などと、勝手な想像をして
ドキドキしていたら、
「弾性」の間違いで、
エコノミークラス症候群防止のために、
キュッと締まったハイソックスを履く
という事でした。
f0219773_20512050.jpg


普通サイズのMを選ぶと、
メジャーでふくらはぎの太さを測られ、
「ほっそい足ねぇ。これじゃぁ、
普通のハイソックスと変わらない」
と言われ、ピッチピチのSサイズを
あてがわれました。

そりゃー若いころは、
ボディコンスーツなんて来て、
いたるところをキュッキュッと引き締めまくり、
「しもしもー」って
ソバージュのロン毛をかきあげていた時代も
あったけど、
ゆったりのびのーびLサイズ大好きな
おばちゃんと化してしまった今、
「Sサイズ」と聞いただけで、
息苦しさを感じてしまう。

入院生活でも、
どんどんおばちゃん化していた自分に気づかされるのでした。
ふぅ。。。
[PR]

by fendys-mam | 2017-02-15 21:10 | 闘病記らしきもん | Trackback