カテゴリ:ニャンコ( 111 )

フェンディがいると

年寄りと病人しかいない我が家
でも、フェンディがいると
誰か何かしらフェンディに話しかけ、会話が多い家族になれます。

今日はフェンディ退院後最初の外来。
お陰様で、血液検査の結果も良く、
傷口の調子も順調。
2週間後の抜糸まで、
通院要らないそうです。
良かったぁ。

帰宅後は、父のベッドを占領して
しっかり寝ています。
f0219773_20570468.jpg


父、小さくなって添い寝してます。
今夜寝られるかな?

[PR]

by fendys-mam | 2017-07-15 20:49 | ニャンコ | Trackback

フェンディ帰ってきました!

お陰様で無事に手術が終わり、
フェンディ退院できました。

「たぶん今日明日は食欲が
ないと思うけど、点滴で
栄養はとれているから
心配ありません」
と、ドクターが言っていたけど、
帰宅するなり、ご飯をたーくさん
食べました。

私も入院して絶食した時、
いくら点滴で栄養補給していても、
やっぱり食事が待ち遠しかったもの。
フェンディもおんなじね。

慣れないエリザベスカラーは
邪魔だけど、しばらくは
そのまま頑張ろうね。

今夜は段ボールの中で寝たいそうです。
f0219773_21293244.jpg


ママも入れて~。
[PR]

by fendys-mam | 2017-07-13 21:21 | ニャンコ | Trackback

フェンディがいない夜

4か月治療を続けたフェンディの右目
とうとう摘出しなくちゃならなくなりました。

腎不全悪化を防ぐため、今夜から前泊して、
調子を整えてから、明日の午後摘出手術です。
そして、麻酔が覚めて、点滴が終われば、
自宅に帰ってこれます。

こんなに大きなかわいいお目め。
f0219773_049742.jpg


病気から守ってあげられなくてごめんね。

つらいつらい決断でしたが、
「手術後、麻酔が切れても、今より痛くないはず」という
ドクターの言葉にちょっと救われ、
早く痛みから解放してあげることにしました。

フェンディは昨夜から、何かを察知しており、
私のそばには寄ってこなくなり、
今朝、私が仕事に出かける時のお見送りも
夕方帰ってきたときのお出迎えも一切なし。
この後、連れて行かれるのがわかっちゃったんでしょうね。

フェンディがいない夜なんて、
寝られるわけもなく、せっせとお仕事しています。
[PR]

by fendys-mam | 2017-07-13 00:56 | ニャンコ | Trackback

美味しいんだって♪

フェンディの目が
なかなか良くならず、
眼圧は下がってきたものの、
痛みは残っているようで、
最近、またまた
食欲がなくなってきていました。

腎臓の数値も良くなかったので、
腎臓サポート的なキャットフード
しか食べてはいけないと
言われていましたが。。。

そんなにゃんこのために、
強い味方が出てきました❗

にゃんこたちが大好きな
「チャオチュール」の医療版
栄養2倍のありがたいおやつです。
f0219773_21174475.jpg


動物病院でしか売っていない
「チャオチュール」の特別バージョン。

フェンディも大好きでした💓
良かった❗

少し体重も減っちゃったから、
体力もどさなくちゃね。
f0219773_21174667.jpg

[PR]

by fendys-mam | 2017-06-11 21:05 | ニャンコ | Trackback

ご飯飽きましたニャ。

緑内障になり、失明してしまったフェンディの右目、
お陰様でやや落ち着き、今のところは、
切除せずに温存できています。

万一切除することになった場合、
ワンちゃんは、
義眼を入れることができるそうなのですが、
ニャンコは義眼を入れると、
そこから悪性腫瘍ができてしまうため、
義眼はいれられないとのことで、
できる限り温存してもらえるよう、
ドクターにお願いしています。

怒りん坊で人見知りのフェンディ、
病院に行くたびに大暴れ。
目薬点眼不可能ということで、
眼圧降下のお薬をもらってきており、
おかかに混ぜて、うかうか食べさせている毎日です。

フェンディは若いころから、
腎臓の数値があまり良くないので、
ずっとロイヤルカナン社の腎臓サポート食を
食べております。
f0219773_1323248.jpg


ところが、最近このカリカリに飽きちゃったみたいなんです。

最初は食欲がなくなってしまったのかと心配しましたが、
おかか入りの薬はよく食べるんですよねぇ。
まぁねぇ。。。
わかる気はします。
私も貧血だからと、退院以来
レバーとほうれん草ばっかり食べているから
最近は、レバー見るのも嫌です。
(でも仕方ないから食べていますが。。。)

眼圧を下げる薬は腎臓に良くないので、
普通食じゃ、よろしくない訳で、
獣医さんやネット、ペットショップを回り、
ようやくみつけたご飯がこちら。
プロステージのル・シャット「デトレ」。
f0219773_13264249.jpg


腎臓に負担を掛けるリンなどを排泄してくれるご飯だそうです。

フェンディ、16歳ですから、食べなくなるとホント怖いです。
喜んで食べてくれた時は、ほっとしました。

お腹いっぱいで、満足げに
私の布団で爆睡しているフェンディを見ながら、
私にも、貧血対策のレバーに代わる美味しい物、
誰か見つけてくれないかしらと思っております。
f0219773_13292159.jpg


[PR]

by fendys-mam | 2017-04-19 13:44 | ニャンコ | Trackback

抱っこ嫌いなので。。。

フェンディ、赤ちゃんの頃から抱っこ嫌いでした。

生まれて45日経ったばかりのフェンディ姉妹を見に行った時、
他の姉妹たちはみんなパパやママの傍にくっついたり、
ブリーダーさんに抱っこされているのに、
フェンディだけは、離れたところにある犬小屋で、
コロコロとひとり遊びをしていました。
うつかりドアが開くと、道に飛び出していき、
道路で遊んでいる脱走犯。
ブリーダーさんからも、
「初めてネコを飼う方には、この子はお勧めしません」
と、言われていました。

それでも、あまりに可愛くて、
フェンディを選んできてしまいました。

なんとか抱っこを慣らそうとしましたが、
もがいてもがいて、するりと腕から抜けて行ってしまい、
とうとう抱っこの習慣をつけることは出来ず、
大人になっても、おぱぁちゃんになっても、
やはり抱っこが大嫌い。

自分からはすり寄るけれど、
人から触られるのも大嫌い。

目薬点眼は、結局失敗に終わり、
母が思いついたスプレー方式も、角膜を痛めるからと、
ドクターから却下されてしまいました。

結局、右目は良くも悪くもなっておらず、
本当は腎臓に悪いので飲ませたくはなかったのですが、
飲み薬で様子をみることになりました。

今のところ、元気も食欲も排泄も異常なく、
なんとか眼圧が下がり、目の炎症が治まってくれればと
祈るばかりです。
f0219773_1022359.jpg


いつもと変わらず、大好きな箱で遊んでいるのにねェ。。。
[PR]

by fendys-mam | 2017-03-13 10:06 | ニャンコ | Trackback

さすが!母は強し。

だっこ嫌いで、
しつこくかまわれるのが大嫌いの
フェンディ。
f0219773_04570140.jpg

1日3回、2種類の目薬を
点眼するのは、大騒ぎ!
なかなか治療ができません。

私が近寄っただけで警戒し、
興奮するようになり、
嫌われる身の悲しさと、
治療がなかなかうまくいかない
焦りと、ひっかき傷で、
私、ボロボロでした。

私をヘルプする母の事も
警戒しはじめ、
本当にこまっていると、
母が小さなアトマイザーを
買ってきました。

おかかをたっぷり着けた煮干しを
目の前にちらつかせ、
甘い言葉で、穏やかに誘い、
フェンディが煮干しを狙っている
隙に、目薬を吹き付ける!

大成功でした!
さすが保育士を長年やっていた母!
お見事です!!

フェンディの警戒や
興奮もおさまり、
私にも、近寄ってくるように
なりました。

よかったぁ~。
f0219773_04570400.jpg

手術の傷より、
ひっかき傷のほうが痛かった
この3日間。。。
ようやくゆっくり眠れる夜に
なりました。
[PR]

by fendys-mam | 2017-03-05 04:18 | ニャンコ | Trackback

フェンディごめんなさい。

お陰さまで無事に退院しました。
ご心配おかけしました。

自宅に帰ると、
友人たちからお花が届いていました。
f0219773_02062446.jpg

自宅にお花があるのって、
華やかで嬉しいです。
f0219773_02063586.jpg

ありがとうございます。

でも、自宅に帰ってみると、
とってもとってもとっても
悲しいことが。。。

フェンディの右目、
失明してしまいました。

f0219773_02070880.jpg


昨年秋から
ぶどう膜炎を患っていたのですが、
そこから緑内障になり、
眼圧がMax になってしまうと
48時間で失明してしまうのだそうです。

今までかかっていた動物病院をやめ、
タクシーで眼科専門医に連れていって
わかったことでした。

私が自分の病にかまけて
フェンディを専門医に見せるのが
遅れたばかりに、
失明させてしまいました。

フェンディごめんなさい。
あなたの可愛いおめめを潰してしまった。
本当に本当にごめんなさい。

右の眼球を取らなくてすむよう、
しばらく治療していかなければ
ならないそうです。

久しぶりに会ったママは、
むりやり病院に連れて行くし、
何度も何度も目薬をさすし、
フェンディは今、私の事が大嫌いです。

それもすごく辛いけど、
なんとか眼球を残せるよう
治療していこうと思います。

フェンディ、わかって。。。

[PR]

by fendys-mam | 2017-03-03 01:40 | ニャンコ | Trackback

Happybirthday フェンディ♪

昨日11月3日はフェンデイの16回目のお誕生日。
人間でいえば、80歳です。

お陰様でまだまだ元気に走り回っております。

私の子供のはずだったフェンディが
親と同世代になっちゃたのは、寂しいですが、

やっぱりまだまだ赤ちゃんみたい♪
お手てで小さなカップからお水を飲むのも上手です。
f0219773_1033226.jpg


まだまだ元気でわがままいっぱい言ってほしいです。

そして、フェンデイのお誕生日に
私は15年ぶりにゴルフラウンド復活!!

ご一緒させて頂いた方々に迷惑がかからぬよう、
いっぱい叩いて、いっぱい走り、
グリーンでの写真を撮る余裕がありませんでしたが、
秋晴れに恵まれ、とーっても気持ちいい1日でした。

またまたゴルフ、はまりそうです。
[PR]

by fendys-mam | 2016-11-04 10:40 | ニャンコ | Trackback

動物病院の報酬は。。。

フェンデイ15歳。今年の11月で16歳になります。

ちっちゃい頃から「腎臓の数値があまり良くない」と言われ続けてきましたが、
腎臓病と名付けるには、他の数値がとてもよく、
食欲もあり、元気なおてんば娘なので、
ずーっとお世話になっていたドクター①は、
「この子はそういう体質なのかもしれないから、
 あまり神経質にならなくていいですよ」
と、言ってくれていました。
f0219773_223648.jpg


ところが、こちらの土地に引っ越してきて、
見つけたドクター②は、
「もう15歳だからそんな事言っていたら手遅れになる」
「投薬治療を始めましょう」
と脅かされ、この半年、投薬治療を続けてきました。
でも、そこの報酬はドクター①の倍の金額。

なんとなくいやだなって思っていたら、
最近、近所に新しく動物病院が出来たので、すぐに相談に行ってみました。

「このまま薬を続けた方がいいのか、やめても大丈夫なのか、
 大きな検査センターに出してみませんか?」
「甲状腺も気になるので、そちらも検査センターで一緒に見てもらいましょう」
と言われ、お願いすることにしました。
ドクター③の報酬はと言えば、
①と②の間位。
でも、検査センターで①なみの別料金が。。。

検査の結果、「甲状腺は異常なし」、「腎臓の数値は想定内」
ってことで、ひとまず、今までの薬のみを続けることになりました。

ん~。
ドクターの報酬って一律じゃないから、
なんか疑い深くなっちゃいます。
f0219773_2273212.jpg


このままドクター③に通っていいものかしら。。。
[PR]

by fendys-mam | 2016-08-04 22:41 | ニャンコ | Trackback